ダイソンが2017年5月9日、ヘアドライヤー「Dyson Supersonic」の最新モデルを発表した。5月10日にダイソン公式オンラインストアとダイソン直営店で発売し、5月25日から全国の家電量販店などで販売を開始する。カラーは初代モデルの「アイアン/フューシャ」「ホワイト/シルバー」に、「アイアン/ブルー」「インペリアル パープル」の2色が加わった。希望小売価格は本革レザーボックスが付属する「インペリアル パープル」モデルが5万円で、そのほかのモデルが4万5000円。

ダイソンが2017年5月10日にダイソン公式オンラインストアとダイソン直営店で販売を開始したヘアドライヤー「Dyson Supersonic」(4万5000円)。ほかに本革レザーボックスが付属する「インペリアル パープル」モデル(5万円)がある
[画像のクリックで拡大表示]
初代モデルの「アイアン/フューシャ」「ホワイト/シルバー」に、「アイアン/ブルー」「インペリアル パープル」の2色が加わった
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のモデルは、2016年5月に発売された初代モデルに続く2代目。大きな特徴は、温度設定と風速の幅が広がったことだ。

 初代モデルでは温度センサーで温度を毎秒約20回の頻度で検知することで、風温を最高でも約78℃に抑えていた。これは「髪の毛を傷めないため」とのことだった。しかし最新モデルでは最高約100℃にまで引き上げたという。

Dyson Supersonicに内蔵する独自開発のモーター「DDM(Dyson Digital Motor) V9」を手にするパーソナルケア グローバル カテゴリー ディレクターのトム・クロフォード氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「日本人は男性も女性もインナービューティー(髪の毛の健康状態)とアウタービューティー(スタイリングや仕上がり)を重視することが分かった。頭皮の健康状態も重要視している。さらに日本人女性の9割が夜に髪を洗うことが分かったが、頭皮と髪は半乾きのままで寝るという。しかし専門家は完全に乾かすべきだと言っている」(ダイソンでパーソナルケア グローバル カテゴリー ディレクターを務めるトム・クロフォード氏)

 さらに続ける。

 「従来のヘアドライヤーは150℃以上の温度に達することがあるが、髪の毛の内側に水分が封じ込められた状態で過度の熱が加えられると、ガス状になって髪の毛に穴を開けてしまう。しかし一方で、ある程度まで温度を高めるとスタイリングがしやすくなる。そこで78℃から100℃までスタイリング温度を上げた。過度な熱を与えない温度に抑えている」(クロフォード氏)

 Dyson Supersonicは風量、風温をそれぞれ3段階で設定できるようになっているが、風量と風温の設定の組み合わせで以下のように温度を変えられるようになった。

・風温3(高温)×風量1(弱風):100℃(従来は78℃)
・風温3(高温)×風量2(中風):88℃(同78℃)
・風温3(高温)×風量3(強風):78℃(以下は従来と同じ)
・風温2(中温)×風量1~3:62℃
・風温1(低温)×風量1~3:45℃

距離25mm、風量1での新旧モデルの風温の違い。従来モデル(左側)に比べて新モデルは大幅に上がっているのが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

 日本人女性のスタイリング傾向に合わせて、風量も変更された。

 「日本人女性のスタイリング傾向として、前髪、顔周りにはよりソフトな風量を求めていることが分かり、風量の1と2の風の強さを弱めにした。風量3は従来モデルと同様(強風)だ」(クロフォード氏)

距離140mm、風量1の場合の風量の違い。従来モデル(左側)に比べて大幅に抑えられた
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
初出では「インペリアル パープル」モデルを5万5000円としておりましたが、正しくは5万円でした。お詫びして訂正いたします。[2017/5/19 15:42]