小型のモノラルタイプはどれがいい?

 100均ショップで販売されている小型スピーカーは、基本的に1台で使用し、再生はモノラルがほとんど。ただしプラグは3.5mmステレオプラグを使用するため、ステレオジャックの機器に接続するぶんには問題ないが、モノラル機器に接続すると音が出ない可能性もある。

 iPhoneのイヤホンジャックはステレオなので問題はない。ここでは、セリアとキャンドゥで販売されていた「マルチメディアスピーカー」、ダイソーの「耳もとキューブスピーカー」を紹介する。

 セリアとキャンドゥの「マルチメディアスピーカー」は、今回紹介するダイナミックスピーカーのなかで最もサイズが大きい。正面から見て1辺が約6.5cmの正方形だ。

 大きな音で比較すると、iPhoneの内蔵スピーカーのほうが、音が割れずに奇麗な音で再生される。しかし、小さな音だと内蔵スピーカーよりも低音が豊か。静かな部屋なら、1mぐらい離れたところで鳴らしてもよいだろう。

 ダイソーの「耳もとキューブスピーカー」は、正面が1辺約4cmの正方形。セリアとキャンドゥの「マルチメディアスピーカー」よりも低音は出ないぶん、軽い音だ。名前の通り、耳元で鳴らしたほうが良さそうだ。

 モノラルタイプなら、セリアとキャンドゥの「マルチメディアスピーカー」がおすすめだ。耳元や、少し離れたところで鳴らすと、内蔵スピーカーよりも柔らかい音が出る。

マルチメディアスピーカー(セリア、キャンドゥ)
コード長:約1.0m プラグ:3.5mm I型ステレオミニプラグ
[画像のクリックで拡大表示]
耳もとキューブスピーカー(ダイソー)
コード長:約1.2m プラグ:3.5mm I型ステレオミニプラグ
[画像のクリックで拡大表示]