アウディ・ジャパンの斎藤徹社長と外装デザインを手掛けたマティアス・フィンク氏
[画像のクリックで拡大表示]

 アウディ・ジャパンは2017年4月26日に新たなコンパクトSUV「Q2」の日本仕様の概要を発表した。正式な発売と納車開始は6月中旬を予定しており、価格は299万~405万円となる。Q2は最小サイズのコンパクトカー「A1」と最量販車種の「A3」の中間に収まるモデル。欧州では2016年秋に販売され、同年秋実施のユーロNCAPの衝突安全テストで最高評価の5スターを獲得している。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

若者狙いで開発したコンパクトSUV

マティアス・フィンク氏
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 Q2は若年層を取り込むために企画された、アウディとしてはこれまでにないニューモデルだ。外装デザインもユーザー層と重なる30代のマティアス・フィンク氏が担当。1台で仕事も遊びもすべてこなしたいという、若い世代のニーズに沿うクルマを目指して開発したという。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 ボディーサイズは全長4200×全幅1795×全高1530mm。最小回転半径は5.1mと取り回しが良く、1530mmという全高は日本の一般的な機械式立体駐車場(高さ1550m以下)にも入るので、都市部でも使いやすそうだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、キャビンの広さに影響するホイールベースと頭上空間は1クラス上のQ3と同等。つまり車内空間がQ3並みで5人が乗車でき、ラゲッジスペースは通常で405L、後席を折り畳むと最大1050Lもあるという、使い勝手の良さもあるわけだ。コンパクトで中は広く荷物が積めるスタイルは「日本の住宅事情や道路事情に適している」と同社は強調する。

[画像のクリックで拡大表示]