ゴールデンウイーク終盤の5月6日、7日、神戸で「078(ゼロ・ナナ・ハチ)」と呼ぶイベントが開催された。078とは神戸の市外局番で、そのネーミングからも神戸を代表するイベントに育てたいという関係者の思いが伝わってくる。

 ネーミング以上に078がユニークなのはその理念で、「市民、クリエーター、エンジニアが集い、交わる」ことにあるという。そのため、078のテーマはエンタメである音楽、映画、最新技術を紹介するインタラクティブを中核に、子どもや食、ファッションなど幅広い。これだけ広いとイベントを説明するのに困ってしまうのではないかと心配になる。

 実は078が幅広いテーマを掲げているのは世界的に成功している前例を意識してのこと。それが078が目標とする国際フェスティバル「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」だ。毎年3月に米国テキサス州のオースティンで開催されるSXSWは、音楽、映画、インタラクティブをメインテーマにして、世界中から音楽・映画関係者はもちろん、IT業界関係者、投資家、起業家などさまざまな人を集めている。しかも、オースティンの中心部ほぼ全域が会場といっていいほどの規模で、コンベンションセンターをハブに、近隣のホテル、レストラン、倉庫、空き地までもが会場になるのだ。

 ちなみにテーマを幅広くしてイベントの規模を拡大させる試みは078だけに限らない。札幌でも同様に映画、音楽、インタラクティブを中核にしたイベント「No Maps-Sappro Creative Convention」が10月5日から開催される。地方都市が主体ではないが、テクノロジーと音楽のフェス「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2017」も6月3日に開かれる。今後もジャンルを超えたテーマを掲げるイベントは日本全国で増えそうだ。

 では、“日本版SXSW”を目指す078は実際どうだったのか? 期間中に現地を訪れてみた。

078の会場の一つである「みなとのもり公園」。来場者は、開放的な空間で音楽ライブを楽しんでいた
[画像のクリックで拡大表示]