GLM「G4」と同社小間裕康社長
[画像のクリックで拡大表示]

 電気自動車(EV)のベンチャー、GLM(京都市)が2017年4月18日、「GLM G4」のコンセプトカーを公開した。GLMは京都大学のプロジェクトから誕生した創設8年目のベンチャー企業で、G4は同社の第2弾EV車。発売時の想定価格は4000万円というこの“EVのスーパーカー”は、2019年の量産開始を目指して開発を進めている。目標販売台数は1000台、売り上げ目標は400億円程度で、日本、欧州、香港、中東、中国に投入する予定だ。

 初公開は2016年9月開催の「パリモーターショー」で日本での披露は今回が初めて。今後は世界各地のモーターショーに出展する予定。本年度中に試作車による走行試験を行い、公式サイト内で走行シーンの動画を公開する予定だという。

[画像のクリックで拡大表示]

前後4枚が高く跳ね上がる独特のドア

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 専用開発の高効率・高出力モーターを前後に1基ずつ搭載して四輪駆動にするというG4のパワートレインは、システム全体で最高出力540馬力、最大トルク1000Nmを発揮。0-100km/hは3.7秒、最高速度は250km/h。1回の充電で走れる距離は欧州の標準試験基準であるNEDC(New European Driving Cycle)で400kmを目指すという。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 コンセプトカーで見る限り、G4のデザインは昨今人気の高い4ドアクーペの全高を低くしたようなスタイルで、キャビン内には独立した4座のシートを備える。最もユニークなのが「アビームセイルドア」と名付けられたドアの開閉方式で、前後左右のドア4枚が高く跳ね上がる。コ ンセプトは「ロードヨット(路上を走るヨット)」で、新しいタイプのラグジュアリーカー、新時代のグランドツーリングカー(GTカー)を目指して開発を進めているという。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 小間裕康社長は「G4は日本の技術と感性をつぎ込み、細部まで洗練されたスーパーカー。内燃機関を搭載したクルマの延長上ではなく、全く新しいセグメントのものだ」と話し、EVのスーパーカーという“新奇性”を強調した。