渋谷駅前のファッションビル「109MEN'S (109メンズ)」が7階と屋上、一部店舗を改装。2018年4月28日に「MAGNET by SHIBUYA109 (マグネット バイ シブヤ109)」として生まれ変わった。注目は、メンズアパレルを中心に展開していた店舗構成を一新した7階だ。日本初上陸のLA 発ハンバーガー専門店「FATBURGER(ファットバーガー)」をはじめ、6つの飲食店が集まった新スポット「MAG7(マグセブン)」となった。

2018年4月28日にリニューアルオープンした「MAGNET by SHIBUYA109 (マグネット バイ シブヤ109)」は渋谷のスクランブル交差点に面している。東急グループのSHIBUYA109エンタテイメントが運営
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、これまでスタジオとして使用していた屋上はマグセブンで購入した商品の飲食もできるイベントスペース「MAG's PARK(マグズ パーク)」として開放。屋上の一部にスクランブル交差点を一望できるフォトスポットとして、有料展望台「CROSSING VIEW(クロッシング ビュー)」をオープンした。ここでは通常の写真撮影のほかに、自分のスマートフォンからアプリケーションにアクセスし、ドローンで撮影したような俯瞰(ふかん)画像が撮影できるフォトサービス「CROSSING PHOTO(クロッシング フォト)」も利用できる。

 スクランブル交差点は訪日客に人気の観光スポットで、見学ツアーも多数ある。クロッシング ビューも観光客から注目を集める場所になるだろう。

7階はこれまでヤングメンズアパレルを扱っていたが、リニューアル後は6つの飲食店が集まった「MAG7(マグセブン)」として展開。アートや音楽と食を融合させて、年代、ジェンダーを超えて人々が集う場所を目指しているという。共有スペースは約70席
[画像のクリックで拡大表示]
屋上に設置された展望台「CROSSING VIEW(クロッシング ビュー)」(入場料500円)。スクランブル交差点を一望できるフォトスポット。「CROSSING PHOTO(クロッシング フォト)」は1回1000円
[画像のクリックで拡大表示]