メルセデス・ベンツ「GLA」と発表会に登壇した上野金太郎社長
[画像のクリックで拡大表示]

 メルセデス・ベンツ日本がマイナーチェンジした新型「GLA」を2017年4月19日に発表した。税込み価格は398万~792万円。

 GLAは2014年5月に日本に導入されたコンパクトクロスオーバーSUVだ。同社製SUVの中ではエントリーモデルという位置づけで、これまでに約1万4000台を販売し、メルセデスSUVをけん引してきた。今回の改良ではエクステリアと装備などの変更、さらにグレード構成を見直している。

SUVらしさを強調するエクステリアに

上野金太郎社長はメルセデス・ベンツ「GLA 180」に乗って登場
[画像のクリックで拡大表示]

 なかでも変わったのはエクステリアデザインで、同社が多くのSUVに採用しているパンチドグリルや、ダミーのアンダーガードを前後バンパーに取り入れ、よりSUVらしさを強調。またリアコンビネーションランプは新型「Eクラス」に採用したキラキラした輝きを放つ「クリスタルルック」タイプを採用。後続車からの視認性を高めながら、状況に応じて発光量が変化する。

 インテリアは、スポーティーなイメージのヘッドレスト一体型シートから、ラグジュアリー感があるヘッドレスト分割式シートへと変更。シート表皮もフェイクレザーを採用し、汚れにくくしたという(メルセデスAMG GLA 45 4MATICを除く)。

 発表会では、一般的な立体駐車場に収まる1510mmという車高や取り回しの良さなどの街中での扱いやすさだけでなく、ペットと出かけやすいクルマであることなど使い勝手もアピールしていた。

 衝突被害軽減ブレーキなどを含む先進安全機能の「レーダーセーフティパッケージ」は税込み価格19万9000円のオプションだが、6月30日までに応募すれば無料になるキャンペーンを実施中。

「メルセデスAMG GLA 45 4MATIC」
[画像のクリックで拡大表示]
「メルセデスAMG GLA 45 4MATIC」
[画像のクリックで拡大表示]
新グレードの「GLA 220 4MATIC」
[画像のクリックで拡大表示]
新グレードの「GLA 220 4MATIC」
[画像のクリックで拡大表示]
新グレードの「GLA 220 4MATIC」
[画像のクリックで拡大表示]
「メルセデスAMG GLA 45 4MATIC」
[画像のクリックで拡大表示]
「メルセデスAMG GLA 45 4MATIC」
[画像のクリックで拡大表示]
「メルセデスAMG GLA 45 4MATIC」
[画像のクリックで拡大表示]
「メルセデスAMG GLA 45 4MATIC」
[画像のクリックで拡大表示]
「メルセデスAMG GLA 45 4MATIC」
[画像のクリックで拡大表示]