2014年に日本に上陸したYogibo(ヨギボー)
[画像のクリックで拡大表示]

 「人をダメにするソファ」としてSNSをきっかけに人気が再燃したビーズソファ。カバーの中にビーズが詰められたソファは柔らかく体を受け入れ、その気持ちよさに人だけでなく犬や猫すらダラけてしまう画像も話題になった。

 ビーズソファは無印良品やニトリが販売しているが、最近は米国発の「快適で動けなくなる魔法のソファ」が勢力を拡大している。2014年に日本に上陸し、ビビッドなカラー展開とベッドにも使える巨大さが魅力の「Yogibo(ヨギボー)」だ。

 Yogiboは2009年、米国で誕生したビーズソファブランド。2014年の国内発売から前年比約200%アップを続け、現在まで売り上げは右肩上がりだ。2015年2月に第1号の直営店舗が誕生し、現在は全国で59店舗(一部取扱店を除く)を出店している。

 国内で広がりを見せているYogiboだが、「日本で展開する予定は当初なかった」とYogibo Japan取締役の岸村大安氏は話す。しかし1人の男の熱意により、日本にも上陸することになった。その人物がYogibo Japan代表の木村誠司氏だ。

 当時、ネット上で偶然にもYogiboのビーズソファを発見し、一目ぼれした木村氏は、米Yogibo社に連絡した。「日本にもYogiboの魅力を広めたい」という熱意が伝わり、本社社長との面会が決まり、その後契約を締結。2014年11月11日、Yogiboの国内ネット販売がスタートした。

 当初の平均売り上げは1日50万~100万円ほどだったのが、テレビ番組で取り扱われたことで爆発的にヒット。放送直後の売り上げは1日で3800万円にもなったという。認知を広げたYogiboは売り上げを伸ばし続け、前述の通り全国に店舗を展開するまでに成長した。

 では、数々の人をダメにしてきたソファはどれほど気持ち良いのか、その驚きの機能性に迫ってみたい。

関連リンク