アイリスオーヤマは2017年4月13日、同社としては初となる家庭用ルームエアコン2シリーズ4モデルを発表した。4月28日発売で、ラインアップは以下の通りだ。

■Wi-Fi機能・人感センサー搭載シリーズ

・「IRW-2217C」(2.2kW、冷房6~9畳/暖房5~6畳)……参考価格7万9800円
・「IRW-2817C」(2.8kW、冷房8~12畳/暖房8~10畳)……同9万9800円

■スタンダードシリーズ

・「IRR-2217C」(2.2kW、冷房6~9畳/暖房5~6畳)……同6万9800円
・「IRR-2817C」(2.8kW、冷房8~12畳/暖房8~10畳)……同8万9800円

アイリスオーヤマが2017年4月13日に発表した家庭用ルームエアコン「IRW-2817C」(写真左)と「IRW-2217C」(写真右)
[画像のクリックで拡大表示]

 能力は2.2kWと2.8kW(ともに冷房時)で、どちらもリビングルームなどの広い部屋向けではなく、ワンルームやベッドルームなどに向けたモデルだ。

 Wi-Fi機能と人感センサー搭載モデルは、自宅のWi-Fiネットワークを通じてスマホと連携。外出先から部屋の温度を確認したり、エアコンのオン・オフ、温度設定を変更したりできる。人感センサーが部屋に人がいないと判断すると、30分後には運転をセーブし、2時間後にさらにセーブする省エネ運転機能も備えている。

エアコンの室内機
[画像のクリックで拡大表示]
エアコンの室外機
[画像のクリックで拡大表示]

 そのほか、曜日ごとに設定できるオン・オフタイマーや、徐々に温度を上げたり、下げたりできる「おやすみモード」、設定温度を8時間後まで自由にカスタマイズできる「睡眠モード」なども搭載。低価格ながら、一人暮らしの人に便利な機能を備えている印象だ。