サンスターは2016年4月18日、歯ブラシに取り付けてその動きをスマートフォンなどに送信するBluetooth機器「G・U・M PLAY」(ガムプレイ)を発売した。歯磨きの仕方が正しいか採点できるほか、歯ブラシの動きで専用ゲームアプリを遊んだり、ニュースの読み上げアプリを利用したりできるのが特徴。歯ブラシを使った時間などのデータはクラウド上に集計され、自分の歯磨きについて継続的にチェックできる。価格は5000円で、サンスターのオンラインショップなどで購入できる。正しい歯磨きの仕方を覚えたい人や、口内の健康に関心の高い層を狙う。

サンスターの「G・U・M PLAY」(ガムプレイ)。歯ブラシの動きを検出するセンサーと、それをグリップに取り付けるキャップを組み合わせたもの。価格は5000円
[画像のクリックで拡大表示]

歯ブラシに取り付けるBluetooth機器

 ガムプレイは、歯ブラシのグリップ部分に取り付けるゴム製のキャップと、その中に入れるセンサーで構成されている。センサーにはスイッチがあり、歯ブラシのグリップをキャップにしっかり挿し込むとスイッチが入る仕組みだ。

 歯ブラシのグリップの形や太さによっては、スイッチが入らない、キャップをしっかり固定できないなどに理由で使えないことがある。サンスターでは、自社の「ガム・デンタルブラシ」シリーズの一部などを適合歯ブラシとしている。それ以外は動作保証外になる。

 電源はボタン電池(CR2032)を使用する。1回3分の歯磨きを1日3回行う場合で約半年持つ。重さは約15gだ。付属のキャップは白で、そのほか5色の別売キャップが用意されている。価格はガムプレイ本体が5000円、別売キャップが500円。

製品には歯ブラシが同梱されていて、大人向け歯ブラシが同梱されたものと、子供向け歯ブラシが同梱されたものがある。センサーとキャップは同じもので価格も同じ5000円
[画像のクリックで拡大表示]
センサーにはスイッチがある。キャップに取り付けて、歯ブラシを奥までしっかり挿し込むとスイッチが入る仕組みだ。重さは約15g
[画像のクリックで拡大表示]
電源はボタン電池(CR2032)で、1日3回の歯磨きで約半年使える
[画像のクリックで拡大表示]
キャップはゴム製でやわらかい。付け外しは簡単で、水洗いできる
[画像のクリックで拡大表示]
付属のキャップは白で、白を含めて5色の交換用キャップも販売される
[画像のクリックで拡大表示]