当サイトの連載「出張! ホリプロ保育園 」でおなじみ、ホリプロ所属のタレント・安田美香氏は小2男児と年中女児の子を持つママ。最近、ママ友との間で話題になったとあるスタンプラリーが気になったという。

 2018年春、首都圏で話題を読んだスタンプラリー「5路線合体 Fライナーロボ トレインファイブ(以下、トレインファイブ)」。駅でパンフレットなどで目にした人も多いのではないでしょうか。

 トレインファイブは、東武鉄道、西武鉄道、東京地下鉄(東京メトロ)、東急電鉄、横浜高速鉄道の5社が2018年3月に相互直通運転開始5周年を迎えることを記念して企画したスタンプラリー。指定駅に行ってスタンプを押し、それを各社指定の景品引換所に持っていくと、相互直通運転で使用している電車のオリジナルペーパークラフトがもらえます。集めた5つのペーパークラフトを組み立てて合体させると、オリジナルの「5路線合体 Fライナーロボ トレインファイブ」が完成。さらに、5社すべてのスタンプを集めると、コンプリート賞として、トレインファイブに装着する6つ目のパーツがもらえます。

 電車とロボは、まさに男子が大好きな組み合わせ。ですが、パーツを集めてロボにするという企画は、どのような経緯で生まれたのでしょうか。5社を代表して、東京地下鉄 需要創出・マーケティング部の涌井信幸氏に伺いました。

「5路線合体 Fライナーロボ トレインファイブ」は2018年3月16日に東武東上線、西武池袋線・西武有楽町線、東京メトロ副都心線、東急東横線、横浜高速みなとみらい線の相互直通運転5周年を迎えたことを記念して企画されたスタンプラリー。ロボット5000セット分が用意され、2018年2月24日〜3月31日まで実施されました
[画像のクリックで拡大表示]

相互直通運転から「合体」というキーワードが浮かんだ

 「ただスタンプラリーを実施するのではなく、ゲーム性があるほうが面白いのではないかと考えた。(東京メトロでも実施している)謎解きゲームのようなものもあるが、今までなかったこととして、5社の景品を集め、何か“モノ”を完成させるという企画を考えた」と、涌井氏。5社それぞれの担当者と広告代理店とともに企画を練り上げるなかで、あるキーワードが浮かび上がったそうです。

 「相互直通運転ということで、『合体』というキーワードが浮かび、戦隊モノのロボットをひらめいた」と涌井氏は振り返ります。さらに5社、5周年の「5」という数字から、トレインファイブという架空の戦隊ロボットが誕生しました。