米の消費量減少や食生活の洋風化で、年々出荷量が減少し続けている味噌。だが発酵ブームが根付いたことで、2016年には久々に出荷量が微増に転じている(全国味噌工業協同組合連合会調べ)。そんななか、味噌大手のマルコメはフレッシュネスとコラボレーションした「パンと合うみそスープ」を開発。2017年3月から全国のコンビニエンスストアで販売を開始した。2016年度の新入社員が「どんな味噌汁を飲んでみたいか」アイデアを出し合い、開発した商品だという。

 味噌汁を目玉にした新たな飲食店も注目を集めている。2016年3月、京都にオープンした「MISO POTA KYOTO(ミソポタキョウト)」は、味噌汁とポタージュ(とろみのある洋風スープ)をミックスした“みそポタ”専門店。新たなファストフードとして人気を集めて7月に2号店をオープンし、さらに2017年3月にオープンしたアクタスが手掛ける飲食店「SOHOLM CAFEあべの」とコラボするなど、販路を広げている。今後は東京での出店も視野に入れているという。

 さらに2017年2月には横浜市に、ビュッフェ・セレクトスタイルの味噌汁専門店「MISOY(ミソイ)」がオープン。チーズを溶かし込んだイタリアン味噌汁やテイクアウト用の味噌汁の素「MISODAMA(味噌玉)」が人気で、早くも商業施設からの引き合いが多く来ているそうだ。

 これらは従来の味噌汁とどう違い、人気の理由は何なのか。

フレッシュネスとマルコメの新入社員が共同開発した「パンと合うみそスープ」(希望小売価格160円)。コンビニ限定で2017年3月上旬より発売されるほか、4月1日よりフレッシュネスバーガー高田馬場店でも販売する。具材はトマト、ニンジン、キャベツ、タマネギ、ズッキーニと洋野菜で統一し、後から追加することで味のアクセントになるバジルオイルを添えている
[画像のクリックで拡大表示]
味噌汁とポタージュをミックスした「みそポタ」。手前から「ごほうびの黄金」「整える緑」「はじまりの白」「華やぐ紅」「温める生成(キナリ)」「よみがえりの黒」(イートインは各480円、通販は各550円)
[画像のクリックで拡大表示]