撮影:佐藤 旅宇
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年、自転車愛好家ならご存知かもしれないが、ロードバイクシーンでちょっとしたトピックになっているのが「アルミフレーム」を採用したモデル。パフォーマンス的にはすでに一線を退いたと思われていたアルミロードバイクが再び脚光を浴びているのだ。

 現在、走行性能をウリにした中級以上のロードバイクはカーボンフレームが主流になっている。世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」をはじめ、ロードバイク本来のステージ、ロードレースにおいてその優位性がゆるぎないものになっているからだ。それまでスタンダードだったアルミに比べて軽く、剛性に優れるうえ、振動吸収性と設計の自由度も高い。ネックと言われた価格も最近はだいぶ下がり、20万円台前半の価格帯のモデルでもカーボンフレームはもはや珍しくない。アルミフレームはキヤノンデールなどの一部ブランドを除き、安価なエントリーモデルのためのものになりつつあった。

 しかし、業界大手のトレックが2016年モデルとして同社史上最軽量のアルミロードバイク「エモンダALR」シリーズを登場させるなど、ここ2~3年でアルミフレームを再評価する動きが広がっている。絶対的な性能ではもちろんカーボンに分があるものの、15~25万円の価格帯であれば価格性能比で十分にカーボンと競合できるからだ。ちなみにクロモリフレームやチタンフレームを採用する高価なロードバイクもあるが、そちらはパフォーマンスというより、美術的な意匠など追求した結果の高価格である。