ホンダ「スーパーカブ C125」「モンキー125」

ホンダ「スーパーカブ C125」
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダブースでは2017年の東京モーターショーで話題を集めた「スーパーカブ C125」と「モンキー125」が市販予定車として展示された。どちらも往年の名車をモチーフにしたネオレトロなスタイリングにモダンなメカニズムを組み合わせる。四輪ではBMW「ミニ」やフィアット「500(チンクエチェント)」などで大成功を収めた手法だ。

 C125は初代スーパーカブ、「C100」のイメージだが、こちらはビジネスユースではなく、おしゃれなコミューターとして開発されたという。エンジンも「スーパーカブ110」ではなく、スポーツモデルの「グロム」と共通のものを搭載し、走りの上質感を高めている。

ホンダ「モンキー125」
[画像のクリックで拡大表示]

 モンキー125は言うまでもなく昨年生産中止になった原付、「モンキー」をモチーフにしたものだが、サイズはひと回り以上大きい。そもそもモンキーというのは他にはないそのコンパクトさこそがカスタムに数百万円を投じるような熱狂的なファンを生み出す大きな要因だった。新しいモンキー125はどちらかといえばすでに販売されているグロムのバリエーション違いといった立ち位置のモデルである。価格はどちらも35万円から40万円ぐらい(担当者)とのこと。