1938年創業の米国発プレミアムラゲージブランド「ゼロハリバートン」が、全商品の生産拠点を米国に戻すと宣言した。今後は商品を順次入れ替え、2017年内に全ての商品をMADE IN USAに移行するという。

ブランドの姿勢、本物志向を表現

 ゼロハリバートンといえば、アルミニウム合金製のアタッシェケースが有名。1969年、アポロ11号が月から石と砂を持ち帰った「月面採取標本格納器」を製造したことで、タフなケースの代名詞として一躍世界に知られる存在となった。このときに使用されたモデルは、実は通常の製品の内側を改造しただけという事実も、ケースのタフさを物語る。

 このようにアルミ製ケースのイメージが強いゼロハリだが、2008年からは現代のニーズに応えるべく、軽量なポリカーボネート製キャリーケースや、ナイロン製のビジネスバッグなども数多く展開。そして2017年、これら全商品を米国生産へと切り替え、「ゼロハリバートンの真の姿へと原点回帰する」とゼロハリバートン社のトム・ネルソンCEOは話す。

 「ゼロハリバートンはアメリカンブランドの象徴として、世界中にファンがいます。現在グローバルに展開しているアメリカンブランドで、全商品を米国で製造しているところはほとんどありません。自国生産には大きな意味があり、どこで生産されているかということがブランドの信用性や本物志向を表すと考えました」(トム・ネルソンCEO)

 さらに、看板のアルミ製品だけでなく全商品を米国生産にすることで、「MADE IN USA」を大きくうたうことができ、本当の意味でアメリカンブランドと名乗ることができるという。

全商品を米国生産にすると発表後、第1弾商品として4月中旬にデビューする「Geo Aluminum 3.0」シリーズ。ブランドの伝統的な素材であるアルミニウム製のアイコニックなデザインが特徴。アタッシェケース8万5000円~、ラゲージ12万5000円~
[画像のクリックで拡大表示]