スバルが恵比寿にあるショールーム「スバル スター スクエア」で、展示イベント「SUBARU DESIGN MUSEUM ~進化する、SUBARU独自のデザインの現場展~」を、2018年3月30日から4月7日までの9日間限定で開催した。会場は普段、スバルの最新ラインアップが気軽に見学できる展示場だが、期間中は歴代の新世代スバルのデザインの方向性を示すコンセプトカー「VIZIV(Vision for Innovation)」シリーズ5台のみを展示。同社がコンセプトカーだけを集めた展示をするのは初めてであり、VIZIVシリーズが一挙に見られる機会ともあって、多くのスバルファンが足を運んだ。

会場はスバルデザインの目指す方向性や歴史が感じられる内容となっていた(写真提供:スバル)
[画像のクリックで拡大表示]