販売台数は下降するのにショー来場者数は増加の一途

[画像のクリックで拡大表示]

 2017年3月24日(金)から26日(日)までの3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「第44回東京モーターサイクルショー」が開催された。全155社のモーターサイクルおよびその関連メーカーが出展する国内最大規模の自動二輪の展示会だ。

 日本のモーターサイクル市場は長期的な需要の減少が続いており、1980年代のピーク時(販売台数)と比べるとわずか7分の1から8分の1ほどの数字にまで落ち込んでいる。しかし、モーターサイクル自体が消費者にそっぽを向かれているかというと、実はそうではない。東京モーターサイクルショーの合計入場者数は2012年以降(2011年は東日本大震災の影響で中止)、少しずつ増え続けているからである。今年は過去最高だった2016年からさらに1万人以上も多い14万6495人が来場するなど、その流れはいまなお加速中だ。ここ数年はどのブースも会場直後から黒山の人だかりとなっており、車体をゆっくり眺めることすらままならないほどの熱気である。

 このねじれ現象は通勤や通学といった実用目的でオートバイ(とくに原付)を求める層が大きく数を減らす一方で、はっきり「趣味」としてオートバイに乗る、または乗りたいユーザーの比率が相対的に高まっていることがあると推察される。