[画像のクリックで拡大表示]

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年3月24日、読売巨人軍の監督・コーチ・選手などに70台を貸与する「オフィシャルカー契約」を締結したことを東京ドームで発表した。

 発表会には、ジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長、読売巨人軍 久保博社長、読売巨人軍の高橋由伸監督と選手8人が参加した。

[画像のクリックで拡大表示]

 読売巨人軍が自動車メーカーとこうした契約を結ぶのは初めてのことだという。

 提供される車種は、ジャガーからフラッグシップセダンの「XJ」、ミディアムサイズセダンの「XF」、スポーツカーの「Fタイプ」、SUVの「Fペース」の4モデル。高級SUVブランドのランドローバーからは、フラッグシップの「レンジローバー」、スポーティーな「レンジローバースポーツ」、コンパクトな「レンジローバーイヴォーク」の3モデル。ジャガー、ランドローバー合わせて7モデルとなる。プロスポーツ選手への提供ということを考慮し、両ブランドとも上級モデルを選んだという。提供されたクルマは、選手やコーチなどの移動に使われる予定だが、具体的に誰がどのクルマを使用するかなど、詳細は明らかにされていない。

左からジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長、読売巨人軍の久保 博社長、読売巨人軍の高橋由伸監督
[画像のクリックで拡大表示]