レクサス「LC500」「LC500h」
[画像のクリックで拡大表示]

 レクサスは2017年3月16日、ラグジュアリークーペ「LC」を発売した。税込み価格は1300万~1450万円。「SC」消滅以降、途絶えていたレクサスのフラッグシップクーペが復活したことになる。

 LCは2016年1月のデトロイトモーターショーで世界初披露したレクサスの最上級クーペだ。開発のきっかけは、2012年のデトロイトモーターショーで公開したコンセプトカーの「LF-LC」が好評だったこと。この結果、商品化する予定がなかったこのデザインモデルを量産化することになったという。

左からレクサスインターナショナル チーフエンジニア 佐藤恒治氏、レクサスインターナショナル President 福市得雄氏、レクサスインターナショナル プロジェクト・チーフ・デザイナー 森忠雄氏
[画像のクリックで拡大表示]

新開発の「GA-L」プラットフォームを採用

[画像のクリックで拡大表示]

 デザインだけでなく、メカニズムにも見どころが多い。新開発の「GA-L」プラットフォーム、「マルチステージハイブリッドシステム」、10段変速AT「Direct Shift-10AT」といった同社の最先端技術だ。こうした技術は今後、レクサスのFRのモデルにも展開されていくという。今年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開されたフラッグシップセダン「LS500h」は、すでにこGA-Lをベースに開発されており、マルチステージハイブリッドシステムの搭載も明らかにされている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]