人気のクラフトビールをけん引役として、ビールが若者の間でも再評価され始めている。その背景には、100種近くから自分好みを探す、一期一会を味わう、カクテルとして楽しむ、既存銘柄の潜在的な魅力を引き出すなど、「ビールの楽しみ方の多様化」があった。

酒屋の店頭で気楽に飲める安上がりな「角打ち」

 ビールの楽しみ方が、これまでにないほど多様化している。

 以前、居酒屋などで「ビール」を飲もうとすれば、大手ビールメーカー数社の銘柄から選ぶしかなく、バーなどでも、選択肢にいくつかの海外ブランドが増えるだけだった。しかし、数年前からのクラフトビールのブームを契機として、飲み手のビールの選択肢は一挙に広がった。

 この「ビールの選択肢」を最大限に広げる飲み方が「角打ち」だ。

 「角打ち」とは、酒屋で購入した酒をそのまま店内で飲むスタイル。東京都渋谷区恵比寿西の酒屋「山本商店」は、代官山の近くという場所柄、おしゃれな大人の男女が集う「角打ち」である。同店の山本善一氏は言う。「角打ちを始めたのは、二代目社長の父が店を改装した10年ほど前からです」

 駒沢通り沿いの持ちビルの地下1階の店舗には、禁煙の店内に10人弱のカウンター席があり、店の前、階段下の吹き抜けのスペースにも机が並べられ、喫煙可の立ち飲みエリアとなっている。

山本商店の山本善一氏
[画像のクリックで拡大表示]
地下1階の店の前は、吹き抜けの立ち飲み空間。たばことビールを一緒に楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]

 1日の客数は10組から20組。人気が高く、満席も珍しくないので、予約する客も多い。

 メニューは、生ビールやホッピー、ハイボールなどが安価で提供されているが、集う客たちのお目当ては、店内で購入し、その場で飲めるビールやワインだ。クラフトビールを含む世界各国の輸入ビールは100種類近くあり、価格も200円から800円と幅広いラインアップから自分好みのビールを探すことができる。

店の奥にある陳列棚の上2段すべてが、100種類近くの輸入ビールで埋め尽くされている
[画像のクリックで拡大表示]

 「聞かれればアドバイスしますが、それぞれの好みや目的があるので、順番にいろんな銘柄を飲まれたり、ラベル買いしたりと、ご自身で選ばれるお客様が多い」(山本氏)という“選び方”もさまざまなら、ビールの“楽しみ方”もいろいろだ。

 ボトルのまま飲む人もいれば、グラスに注ぐ人もいる。冷えたのを好む人、常温が好きな人。焼き鳥の缶詰を温める人、そのまま食べる人。たばこを吸いながら外で楽しむ人、店の中で飲んで、吸いたくなったら外に出る人など、まさしく多種多様な楽しみ方ができる。

 ビールはもちろん、スナックから乾き物、缶詰まで、おつまみも店の売価で購入できて、「スポーツバーで飲むときの半値以下で飲める」(山本氏)という“安さ”も大きな魅力だ。

軽めの味わいのボストンの地ビール「SAMUEL ADAMS」とエンジンオイルのように真っ黒な「OLD ENGINE OIL」。つまみは、生ハムとピスタチオと温めた焼き鳥の缶詰
[画像のクリックで拡大表示]

 広がりつつある「角打ち」の魅力について、山本氏はこう語る。「うちを『大人の駄菓子屋さん』とか『自分ちの冷蔵庫』と言う人もいます(笑)。気張らないで、自由に、自分の好みと予算に合った飲み方のスタイルを探してもらえればいいんじゃないですか」