[画像のクリックで拡大表示]

 荷物はできるだけ減らしたいが、仕事の環境は犠牲にしたくない――。頭を悩ませる出張時の持ち物は、使うシーンによってその用途を変えられる“2in1”のモバイルグッズで効率的に「引き算」できる。

モバイルバッテリー代わりにもなるプロジェクター

 エイスース・ジャパンの「ZenBeam E1」(実勢価格 3万5330円・税込み)は、バッテリーを内蔵したプロジェクター。スマホ用のモバイルバッテリーとしても活用できる2in1グッズだ。電池容量は6000mAhとまずまず。

[画像のクリックで拡大表示]

 プロジェクターの解像度は854×480ドットで、約307gと軽く、小型だが、80型程度までであれば明るさも問題なかった(単体駆動時)。ビジネス用途としては十分なスペックを持っているといえる。USBケーブルで映像を転送するMHL対応のスマホがあれば、スマホの映像も投影できる。

[画像のクリックで拡大表示]

 特に秀逸なのが台形補正機能だ。投影する壁やスクリーンに対してプロジェクターがやや斜めになっていても、自動で補正。設置に手間取らず、すぐに投影できるのがいい。モノラルだがスピーカーを搭載しており、スマホでのプレゼンも手軽にできた。