おもしろスケール:平行線をラクに引けるローラー付き定規

ドラパス:実勢価格626円(16cm・税込み)
ローラーを転がしながら平行線を引いていく。本体には青いラインがあり、細かい表などを読む際にも活用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 転がして線を引くだけで、平行線を簡単に書ける定規。ローラー部分にはらせん状の目盛りがあり、定規を何センチ移動させたかもわかりやすい。中央の分度器で角度を測ったり、定規の穴を使って円を描けたりするなど機能は多い。

SHURITTO:ToDoの進捗を“体感”できるカード

ペーパリー:実勢価格378円(税込み)
完了した項目をペン先で破る行為が新鮮だった。カードの柄は、ドット、グリッド、ストライプなど9種類を用意
[画像のクリックで拡大表示]

 完了させた項目を破いて“達成感”を味わえるToDoリストカード。半透明のグラシン紙部分にやるべきことを書き、完了後にペンで一気に破るのは不思議な爽快感があった。1パック10枚入りで、1枚につき9つの項目を書き込める。

CUBE:マグネット内蔵で自在に使えるクリップ

オート:実勢価格500円(税別)
A4用紙なら5枚まで保持できる。横方向にスライドさせれば、真ん中の用紙だけスムーズに抜き出せるのは便利
[画像のクリックで拡大表示]

 片手で紙の抜き差しが簡単にできるマグネット内蔵のクリップ。補助鉄板シールが付属し、磁石が付かない面にも張れる。多角形のデザインが特徴で、立たせればカードスタンドになるなど工夫次第でさまざまな用途に活用できる。

フック画鋲:ものを掛けられる画期的な機能性画びょう

中川政七商店:実勢価格1404円(税込み)
デザイン性に優れ、小さくて目立たない。大切な写真やカードに穴を開けないで飾れるのはいい。1箱6個入り
[画像のクリックで拡大表示]

 先端部がL字型になった金属製の画びょう。フックとして使って小物やアクセサリーをぶら下げられる他、2つ使えばカードなどを壁に立て掛けることもできる。針の部分は鉄製で、耐荷重量は約500gと作りはしっかりとしている。

ブロッククリップ:クリップで実用的な“ブロック遊び”

デザインフィル:実勢価格500円(税別)
1パックにはSサイズ12個、Mサイズ12個が入っている。シンプルなメモスタンドなどを手軽に組み上げられた
[画像のクリックで拡大表示]

 ブロックのように組み立てられるクリップ。紙を10枚まで挟めるSサイズと15枚まで挟めるMサイズの2種があり、アイデア次第でさまざまなものを作れるのは面白い。まとめておけばペンケースの中でも散らからないという利点も。

F.O.B COOP Wリングノート/ミニノート クロス罫:図や表が書きやすい新スタイルのノート

キョクトウ・アソシエイツ:実勢価格450円(A5・税別)、370円(A6・税別)
フリーハンドで図形や表、グラフなどを簡単に描けた。濃淡2種類ある十字は意外に見やすく、開放感があった
[画像のクリックで拡大表示]

 2種類の十字が5mm間隔で均等に配置された新感覚のノート。十字を目安にすることで、文字や図形を細かくきれいに書ける。実際に定規がなくてもフリーハンドで真っすぐな線が引けた。付箋をきれいに貼れるのも気持ちがいい。

(文/日経トレンディ編集部)

(日経トレンディ2017年3月号の記事を再構成)