ボルボの新型「S90」と木村隆之社長
[画像のクリックで拡大表示]

 ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月22日、フラッグシップライン「90シリーズ」のセダン「S90」、ステーションワゴン「V90」、ワゴンのクロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」の3モデルを発売した。税込み価格はS90が644万円~842万円、V90が664万円~899万円。V90クロスカントリーが694万円~819万円。

ボルボ「V90」
[画像のクリックで拡大表示]
ボルボ「V90クロスカントリー」
[画像のクリックで拡大表示]

新たなボルボの世界観を提案するV90シリーズ

 90シリーズは、2016年1月に日本にも導入されたボルボのフラッグシップSUV「XC90」を含む、ボルボの最上級モデル群だ。XC90同様に、今回発売されたS90、V90、V90クロスカントリーにも既存モデルに先行投入されている新世代パワートレイン「Drive-E」と新世代プラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」を採用している。

 ボルボの新たな世界観を表現しているというデザインは、同社の伝統的なアイコンやディテールを受け継ぎながら、北欧神話に登場するトール神が持つハンマーをモチーフにしたというT字型のLEDヘッドライトを採用するなど、新たなスカンジナビアンラグジュアリーを取り入れている。

ボルボ「S90」
[画像のクリックで拡大表示]
ボルボ「S90」
[画像のクリックで拡大表示]

 高級感を重視したインテリアはレザーとウッドを多用した上品で高品質な仕上がり。ダッシュボード中央に配置された9インチの縦型タッチスクリーン式センターディスプレイに操作系を集約し、スイッチ類を必要最小限に抑えているからか、すっきりと落ち着きがある。またインフォテイメントシステム「センサス」は、アップル「CarPlay」に加え、Google「Android Auto」にも対応可能となった。

ボルボ「V90クロスカントリー」
[画像のクリックで拡大表示]
ボルボ「V90」
[画像のクリックで拡大表示]
ボルボ「V90クロスカントリー」
[画像のクリックで拡大表示]
ボルボ「V90クロスカントリー」
[画像のクリックで拡大表示]
ボルボ「V90クロスカントリー」
[画像のクリックで拡大表示]

 パワートレインは全車にDrive-Eを採用し、254ps/350Nmを発揮する2.0L直列4気筒ターボのT5、320ps/400Nmの2.0L直列4気筒ターボ+スーパーチャージャーのT6、さらに320ps/400Nmの2.0L直列4気筒ターボ+スーパーチャージャーに87ps/240Nmの後輪用モーターを加えたプラグインハイブリッド(PHV)のT8という、3タイプを設定。全車に8速ATを組み合わせる。駆動方式は4WDが基本だが、S90とV90のT5のみFWDに。またPHVのT8はV90のみの設定だ。

ボルボ「V90」
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]