[画像のクリックで拡大表示]

 メルセデス・ベンツ日本は2017年2月22日、東京・六本木のメルセデス・ベンツコネクションで新型SUV「GLCクーペ」をお披露目し、受注を開始した。税込み価格は627万円~910万円だ。グレード構成は「GLC200クーペ」「GLC200クーペ スポーツ」「GLC220d 4MATICクーペ スポーツ」「GLC250 4MATICクーペ スポーツ」「GLC350e 4MATICクーペ スポーツ」「メルセデスAMG GLC43 4MATIC クーペ」。

 現在、メルセデス・ベンツがラインアップするSUVは国内最多の6車種だが、その中でも2016年2月に発売された「GLC」が好調だ。特に新規ユーザーの獲得に大きく貢献しているようで、約6割のオーナーがGLCが初めてのベンツ車で、ほとんどが初めて買ったSUVだったという。この好調を受けて、クーペタイプのGLCクーペを投入しSUVを7車種に増強したのだ。

 また今回、より価格を下げた2WD仕様のGLCの新エントリーグレード「GLC200」と、人気が高いクリーンディーゼルモデル「GLC220d 4MATIC」を新たに追加。その他のグレードでも装備の追加を発表しており、GLCクーペと併せて一気にSUVの販売増を狙う模様だ。また、メルセデスAMGモデルを除き価格も戦略的で、GLCの同等グレードから30万円アップの範囲にとどめている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]