公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ 常務理事・事務局長 葦原一正氏
[画像のクリックで拡大表示]

 2シーズン目の「B.LEAGUE 2017-18シーズン」が現在、終盤戦に入っている男子プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」。世界初の全面LEDコートで開幕戦が行われた1シーズン目は、総入場者数が226万人という好成績で幕を閉じた。2017-18シーズンは、観客動員数10%増を目指してきたが、ほぼ達成の見通しもついているという。

 着実にファンを増やしているBリーグ。選手たちの熱いプレーもさることながら、エンターテインメント性を追求しているという観客サービス、スマホとSNSを中心としたマーケティング活動が果たす役割も大きい。ちなみにBリーグのTwitter、Facebook、Instagram、LINEの総フォロワー数は460万人以上に。これはJリーグを超えた数字である。

 Bリーグ躍進の秘密をBリーグ常務理事・事務局長 葦原一正氏に聞いた。

非日常を演出するエンターテインメント空間

 Bリーグのミッションは、「世界に通用する選手やチームの輩出」「エンターテインメント性の追求」「夢のアリーナの実現」。選手が活躍できる環境を整えるとともに、お客さんを楽しませる観客サービスもしっかりとミッションのなかに入っている。

 観客は10~30代と若い。これは事前の調査から潜在的なバスケットボールのファンが若者に多いことが明らかになったため、マーケティングの対象を若者層中心に設定した結果だ。観客のメインが40代以上と言われている野球とは異なる。また、ブランドイメージの定点観測では、さまざまな形容詞を基にブランドの印象を測るが、「かっこいい」「革新的」という言葉を重要視している。

 プロ野球チームのマーケティングを8年間やってきた葦原氏は、野球とBリーグの観戦スタイルの違いを以下のように話す。

 「野球は“居酒屋型”の観戦スタイルです。約3時間試合を見つつ、観戦に来た人たちと話したりビールを飲んだり。正直、コミュニケーション中心で試合を見ていない人も少なくない。一方でバスケは“映画型”の観戦なんです。約2時間の試合の間に、プレーは1クォーター(=10分)を4回。ハーフタイムにはチアのダンスショーをやったり、観客参加型のイベントをやったりします。ハーフタイムでもお客さんは席を立たず、ビールやご飯を買わない方が多いです。スピード感のある試合展開と、エンターテイメント性あふれる演出を2時間集中して楽しむのがBリーグ流の観戦です」

2018年1月14日に熊本で行われた「B.LEAGUE ALL-STAR GAME」のオープニングアクト
[画像のクリックで拡大表示]
千葉ジェッツ専属のチアリーダーズ「STAR JETS」とマスコットキャラクター「ジャンボくん」によるパフォーマンス
[画像のクリックで拡大表示]