ベントレー「コンチネンタル GT V8 S ムーンクラウド・エディション」
[画像のクリックで拡大表示]

 ベントレーモーターズジャパンは2017年2月15日、都内で日本専用限定車であるベントレー「コンチネンタルGT V8 S ムーンクラウド・エディション」を初披露した。限定数は12台、税込み価格は2410万円だ。

 この限定車は、2ドアクーペの「コンチネンタルGT V8 S」をベースに、カスタマイズ部門であるベントレーマリナーが専用装飾を施したもの。コンセプトは「月夜に映えるクルマ」だという。最大の特徴は日本導入のコンチネンタルGTに初採用となるデュオトーン(ツートンカラー)のボディーで、ムーンビーム(シルバー)とオニキス(ブラック)の組み合わせが全車で標準となる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 インテリアはブラックのレザーシートやピアノブラックのウッドパネルなどを取り入れた黒を基調としたもので、クラインブルーと呼ばれる青を各部にアクセントとして配している。また助手席側のダッシュボードパネルには雲を連想させる幾何学模様の細工を施すなど、内外装ともにシックで美しいクルマに仕上げている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]