トヨタが2018年1月8日にマイナーチェンジして発売したの大型ミニバン「アルファード」と「ヴェルファイア」。エクステリアデザインが変わっただけのようにも思えるが、これまで未装着だった先進安全機能「TOYOTA SAFTY SENCE(トヨタセーフティセンス)」が全車標準化されたことなど、実は高級車に求められる要素を充実してきたのが改良の大きなポイントだ。税込み価格は335万4480~750万8160円。

 ここでは主な変更点と狙い、試乗したインプレッションをまとめたい。

マイナーチェンジ版のトヨタ「アルファード」と「ヴェルファイア」
[画像のクリックで拡大表示]

トヨタセーフティセンスが1本化して2世代目に

 最大の改良ポイントはやはり、第2世代となるトヨタセーフティセンスを全車に標準で搭載したことだ。トヨタの先進安全機能にはエントリーモデル向けの「トヨタセーフティセンスC」と、高機能な「トヨタセーフティセンスP」の2種類がある。この2つを、単眼カメラとミリ波レーダーを基本に構成されるトヨタセーフティセンスPをベースに統合し、さらに改良したのがこの第2世代。今後は全モデルで第2世代を標準搭載していくという。

 第2世代トヨタセーフティセンスの機能を具体的に紹介する。

見た目が変わっただけではなく、先進安全機能も高めてきた「アルファード」と「ヴェルファイア」
[画像のクリックで拡大表示]