注目のプリウスPHV(上)、レクサスLS(下左)、ジューク(下右)
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年の主役がプリウスをはじめとするハイブリッド車(HV)だったとすれば、17年は家庭用電源からも充電可能なプラグインハイブリッド車(PHV)が存在感を増す年になる。口火を切るのは、2月に発売される「プリウスPHV」(トヨタ自動車)だ。

 電気自動車(EV)としての走行距離が旧型の2倍以上の60km超に延びる他、天井のソーラーパネルで充電して走れる機能もオプションで用意される。大手電力5社と提携し、EVモードの走行距離に応じてポイントを付与するサービスもユニークだ。こうした目新しさが話題になり、プリウスの新たな“本命”として販売数を伸ばすだろう。

 プリウス以外にも、富士重工業が新型「XV」にPHVを設定したり、日産自動車が傘下に収めた三菱自動車の技術を用いて「エクストレイル」のPHV版を投入したりする可能性も浮上している。輸入車もBMWやフォルクスワーゲンなど、ドイツ勢が積極的にPHVを発売する。

 背景には、米カリフォルニア州のゼロ・エミッション・ビークル(ZEV)規制において、17年後半からHVが対象から外れることが影響している。同州はクルマの販売数の一定比率を、排出ガスを出さないZEVにすることを義務づけている。このため、各社がPHVの投入を急いでいるわけだ。さらに国内では、エコカー減税の対象が18年度にかけて段階的に厳格化されることも、この流れを加速させる。今年は高速道路のSAなどにある充電スポットが混雑する事態も起きそうだ。

 さらに、ハイブリッド化の波が小型車や軽自動車にも本格的に広がる。トヨタは1月にも「ヴィッツ」の改良モデルにHVを追加。ほぼフルラインアップでHVをそろえ、攻勢を強める。スズキは新型「スイフト」にHVモデルを設定し、「ワゴンR」のHV機構を強化して燃費向上を図る。

 日産は小型SUV「ジューク」に、エンジンで発電して走るハイブリッド機構「e-POWER」を搭載する可能性がある。“ほぼEV”のシステムに自動運転技術も組み合わされれば、人気再燃は確実。もはや「電力で燃費を向上させる流れは止まらない」(自動車評論家の松下宏氏)といえそうだ。

 国産・輸入車を問わず、“ほぼ自動運転”といえるクルマも増える。200万円以上のクルマの多くには、先行車追従機能付きクルーズコントロールと車線維持機能を組み合わせることで、実質的に自動運転に近い機能が用意されそう。17年は、“ほぼ自動運転”が普及価格帯にも広く浸透する年になる。

 技術的に注目したいのが、バックミラーやサイドミラーの代わりにカメラとモニターを用いる“ミラーレス”車。16年に国土交通省が保安基準を改正したことで、実装可能になった。第1弾と目されているのが「レクサスLS」。トヨタの最高級モデルだけに、高精度な自動運転技術と合わせて搭載される可能性が濃厚だ。

 以下では時期ごとに搭乗する見込みの車を紹介する。

[注]以下の新型車の発売時期や車両価格などは、編集部の取材に基づく予測。価格はすべて税込み。写真の色を変更しているクルマは現行モデル