デロンギといえば、世界的にも人気のあるコーヒーメーカーブランドだ。なかでも、家庭用全自動エスプレッソマシンは、日本のこだわり派からも評価が高い。そんなデロンギが、2017年3月1日にフルスペックモデルの全自動コーヒーマシン「エレッタ カプチーノ トップ ECAM45760B」(以下、エレッタ)を発売する。

フルスペックの全自動コーヒーマシン「エレッタ カプチーノ トップ ECAM45760B」。レギュラーコーヒーからミルクメニューまで豊富なバリエーションのコーヒーを抽出できる
[画像のクリックで拡大表示]

ハンドドリップ好きも満足させる全自動コーヒーマシン

 エスプレッソとは、豆に高い圧力をかけて一気に抽出するコーヒーのこと。従来までの家庭用エスプレッソマシンは、コーヒーの粉を自分で専用フィルターに入れる「半自動」マシンが主流だった。しかし、半自動式は抽出に慣れが必要で、誰でも簡単においしいエスプレッソが作れるとは言いがたい。

 そこで最近は豆ひきから抽出までを行う「全自動」タイプが人気。今回発表されたエレッタもこの全自動式。しかも、エスプレッソだけでなく、レギュラーコーヒーやミルクを使ったメニューなども豊富に搭載する「フルスペック機」と呼ばれる高級機種だ。

操作は本体上部の操作パネルで行う。レギュラーコーヒーのほか、カプチーノやカフェラテ、ミルクメニューなどメニューが豊富
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに、エレッタの名称は「全自動コーヒーマシン」。これは、エスプレッソだけでなくレギュラーコーヒーの味にも自信があるからだという。なかでも特徴的なのが、日本向けに開発された「カフェ・ジャポーネ」だ。これは、コーヒー豆を蒸らして抽出する特殊なメニュー。ドリップコーヒーの人気が高い日本向けに開発されたメニューで、ハンドドリップコーヒーのような香りやうまみが楽しめる。

ハンドドリップのような蒸らし工程を搭載したエレッタ
[画像のクリックで拡大表示]
日本人が好むハンドドリップに近いレギュラーコーヒーメニュー「カフェ・ジャポーネ」
[画像のクリックで拡大表示]