コクヨが毎年開催している「コクヨデザインアワード」は、日本をはじめ世界41カ国が参加する、デザインコンペティションだ。「使う人の視点で優れた商品デザインを広くユーザーから集める」というコンセプトで、このアワードから「カドケシ」「チビット」「ビートルティップ」「なまえのないえのぐ」などのヒット商品も生まれている。2016年も、1307点の応募があり、アートディレクター・クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏、アーティストの鈴木康広氏、デザインエンジニアの田川欣哉氏らの厳正な審査を経て、2016年11月に受賞作が発表された。

 その受賞作品の展示会が、2017年2月17~19日、東京・青山スパイラル1階のMINA-TOで開催された。2016年のテーマは「HOW TO LIVE」。2015年の「美しいくらし」、2014年の「NEXT QUALITY」、2013年の「HAPPY × DESIGN」などに比べると抽象的で哲学的なテーマだけに、受賞作も個性的な作品が多く、とても見応えのある展示会になった。

 会場では、作品模型とプレゼンパネルの展示のほか、モノの背後にある考え方を伝えるべく、1分程度のムービーを各作品ごとに用意。作品の意図や、実際どのようなモノであるのかを分かりやすく見せる工夫がなされていた。

展示会は東京・青山スパイラル1階のスペースで3日間行われた。受賞作品は、模型とパネルのほか、作品の背景を伝えるムービーも見られ、作品の魅力がダイレクトに伝わってくる
[画像のクリックで拡大表示]
会場ではコクヨデザインアワード受賞後に製品化されたものも購入できる
[画像のクリックで拡大表示]