ここ数年、サラダ専門のチェーン店が急激に店舗数を伸ばしている。そんななかキユーピーが2018年2月16日、サラダ用の調味料「サラダソルト」シリーズを発売した。同社家庭用本部 調味料部 ドレッシングチームの林孝昌氏は「1958年にキユーピーが日本で初めてサラダドレッシングを発売して今年で60周年。改めて野菜と向き合い、サラダの新しい魅力を提案したい」と開発の狙いを語る。

写真左から「サラダソルト レモン&オレンジMIX」「サラダソルト バジル&オレガノMIX」「サラダソルト パクチー&レモングラスMIX」(各40g、参考小売価格248円)。容器は携帯や保存に便利なチャック付き
[画像のクリックで拡大表示]

 サラダソルトの最大の特徴は「野菜のおいしさを引き出すことに特化して研究開発した塩」(キユーピー担当者)だという。粒子が細かくて塩味(えんみ)がまろやかなドイツ産岩塩をベースに種類の異なる塩を混ぜている。野菜の水分になじみ、口の中で素早くうまみが広がるよう、岩塩を顆粒状に加工したという。「レモン&オレンジMIX(以下、レモン&オレンジ)」「バジル&オレガノMIX(以下、バジル&オレガノ)」「パクチー&レモングラスMIX(以下、パクチー&レモングラス)」の3商品を展開。ターゲットはナチュラル志向が強く、トレンドに敏感な30代を中心とした女性で、年間3億円の売り上げを目指すという。