改良型アウディ「A3スポーツバック」とアウディ ジャパンの斎藤徹社長
[画像のクリックで拡大表示]

 アウディ ジャパンは2017年1月末の新春会見で、コンパクトモデル「A3シリーズ」の改良型を日本で初披露した。5ドアハッチバックのスポーツバックと4ドアセダンを軸にラインアップを展開し、税込み価格は293万~624万円となる。

アウディ「A3スポーツバック」
[画像のクリックで拡大表示]

スポーティーな外装で、バイキセノンライト式ヘッドライトが標準に

アウディ「A3セダン」
[画像のクリックで拡大表示]

 現行型A3シリーズは2013年秋に日本に導入され、同社の中核的役割を担う主力モデルだ。今回は外装、先進安全機能、コネクティビティ機能などの追加・変更が中心。

 フェイスリフトされたエクステリアは、これまで以上にスポーティーさが強調されている。アウディの特徴であるシングルフレームグリル、バンパー、ヘッドライトなどフロント周りのほとんどのパーツを変更し、ヘッドライトはバイキセノンライト式を標準化。オプションでLEDヘッドライトも選べるようになっている(S3シリーズはLEDヘッドライトを標準装備)。

アウディ「A3スポーツバック」
[画像のクリックで拡大表示]
アウディ「A3スポーツバック」
[画像のクリックで拡大表示]
アウディ「A3セダン」
[画像のクリックで拡大表示]
アウディ「A3セダン」
[画像のクリックで拡大表示]

主力モデルに相応しい先進安全機能を強化! 夏には「セーフティパッケージ」も

 実は今回のA3シリーズ改良の最大のポイントは、近年のアウディが積極的にアピールする自動運的術に通じる先進安全機能が強化されたことにある。「A4」などのフルモデルチェンジの新型車には、新型車投入に合わせて先進安全機能を積極的に採用しているが、投入タイミングの関係もあり、自動ブレーキ機能を含むACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)が上級グレードにのみ標準化されるにとどまっていた。より手ごろなモデルもあるが、A3は実質的にアウディのエントリーモデルの役割を担っている。だからこそなるべく早く最新世代を取り入れた先進安全機能にアップデートを図り、“先進安全機能が最新でないことがA3の弱点”とならないようにしたかったのだろう。

 今回、全車に標準装備したのは自動ブレーキとACC機能を組み合わせた「アウディプレセンス フロント」。これはレーダーセンサーにより前方の交通状況を常時監視し、約10km/h~65km/hで歩行者を、約10km/h~250km/hで他の車両を検知するシステムだ。ACCは、車間距離や速度を自動調整するほか、緊急時は自動ブレーキが作動する。

 また2017年夏以降の販売車両からは、先進システムを組み合わせた「セーフティパッケージ」も選択できるようになる予定だ。これには、意図しない車線からのはみ出しを警告・防止する車線維持支援機能「アウディアクティブレーンアシスト」、車線変更時に後方の死角から接近する車両を知らせて安全確認をサポートする「アウディサイドアシスト」、ステアリングアシストを含む渋滞時追従支援機能の「トラフィックジャムアシスト」などの機能が含まれる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

バーチャルコックピット対応のインテリア

 インテリアでは、「TT」や「A4」に採用され話題となったフルデジタルの多機能ディスプレイシステム「バーチャルコックピット」を採用。高性能モデルの「S3」では標準装備、その他のモデルではオプション設定となった。具体的にはメーターパネルが全面液晶モニターになったもので、計器類に加え、インフォテイメントシステムやナビゲーションも表示できる。

アウディ「A3スポーツバック」
[画像のクリックで拡大表示]
アウディ「A3スポーツバック」
[画像のクリックで拡大表示]
アウディ「A3スポーツバック」
[画像のクリックで拡大表示]
アウディ「A3スポーツバック」
[画像のクリックで拡大表示]
アウディ「A3スポーツバック」
[画像のクリックで拡大表示]
アウディ「A3スポーツバック」
[画像のクリックで拡大表示]