[画像のクリックで拡大表示]

 2017年2月2日~5日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「ジャパンキャンピングカーショー2017」が開催された。300台以上のキャンピングカーを実際に見て、触れることができる国内最大級のキャンピングカーイベントである。

右肩上がりのキャンピグカー市場! きっかけは団塊世代の一斉退職

日本RV協会事務局長 矢久保達也氏
[画像のクリックで拡大表示]

 このところ国内のキャンピングカー市場は右肩上がりの成長を続けており、2015年度のキャンピングカーの総売上金額は前年比で10.9%増の357億1922万円と過去最高を記録。国内でのキャンピングカーの総保有台数は10年前と比べて2倍近い9万5100台にまで増加しているという(いずれも日本RV協会調べ)。今回のショーも2016年よりも1万人以上多い7万4259人が来場するなど大盛況だった。こうした人気の背景にはどんな理由があるのか。イベントを主催する日本RV協会の矢久保達也さんはこう話す。

 「大きなきっかけとしては2007年を境にした団塊世代の一斉退職が挙げられると思います。この世代はいわゆる『モーターリゼーション世代』であり、クルマの旅に憧れやこだわりがある方が多いんですね。それまでは経済的に余裕のある方がキャンプやバーベキューといったアウトドアを楽しむために購入するケースが多かったのですが、われわれの調査によると現在は『夫婦で旅行を楽しむ』といった購入動機が全体の5割近くを占めています。また、同じ時期に価格がリーズナブルで維持のしやすい軽キャンピングカーが登場してきたことも理由の一つだと思います」

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
近年販売台数を伸ばしている軽キャンピングカーのなかで、とりわけ人気が高まっているのが、車中泊を快適にするための就寝設備だけを備えたライトな仕様のものだ。本格的なキャンピングカーのようなキッチンやダイニングスペースはないが、安価で日常使いもしやすい。
写真はスマイルファクトリー(島根県益田市)の「オフタイムトラベラー2」という軽自動車のスズキ・エブリィをベースにした車中泊仕様。大人2人がくつろげる広々したベッドスペースのほか、電気製品を使用するためのサブバッテリーやインバーターを装備する。内装もしっかり断熱材仕上げだ。車両価格246万2310円。
スマイルファクトリー