今年1月末、夜のとばりも降りた19時。東京・JR池袋駅西口にある「ニコニコ本社」のイベントスペースで開催されたニコニコ生放送のライブ配信は、異様な熱気に包まれた。番組名は「アニソンフィットネス×ニコニコ生放送『A-fit LIVE LESSON』#01」。4月まで毎月1回生放送される、来場者が無料で“アニソンフィットネス”を体験できる番組の第1回目だ。

 アニソンフィットネスとは、文字通り「アニソン」(アニメ曲)に乗りながらテンポ良く、ステップやジャンプ、ツイスト(腰をひねる)などの所定の振り付けを行って運動するフィットネスプログラムのこと。AKB48や、ももいろクローバーZが所属するキングレコードがスタートさせた異色の新事業だ。この事業では、テレビやネット配信を通じてアニソンフィットネスの周知や普及を図りつつ、プログラムを収録したDVDの販売、来場者参加型のイベントの開催などを順次展開していく。

 第1弾の課題曲は、キングレコードが版権を持つ新世紀エヴァンゲリオンの主題歌「残酷な天使のテーゼ」。この主題歌を歌う高橋洋子の実弟であり、フィットネスの振り付けやアレンジ、監修も行うインストラクターのたかはしごう氏が、運動プログラムを考案した。1月11日からTOKYO MX(水曜22時35分~)とサンテレビ(同24時5分~)でスタートしたテレビの収録放送は、各回が約5分で全12回放映する。

テレビ放送とネット配信されているアニソンフィットネスの番組イメージ。「残酷な天使のテーゼ」の曲に乗って、自宅でフィットネスが手軽にできる
[画像のクリックで拡大表示]

 たかはし氏のほか、アシスタントとしてダンスロックアーティスト「Q'ulle」のメンバーのやっこ、若手声優の高田憂希も出演し、イントロ、Aメロ、Bメロ、サビなどのパートごとに切り分け、3人が手本を示しながら、毎週少しずつ段階的に振り付けを紹介する。また、視聴者に助言を与えたり、励ましたりするアニメキャラクター「朝比奈さくら」も登場し、番組を盛り上げる。

 番組はニコニコ動画やビデオマーケット、U-NEXT、GYAO!でも配信されるため、後で見直すこともできる。視聴者は自宅でテレビやパソコン、スマホの映像を見ながら運動するだけで、自然と振り付けを覚え、番組が終わる頃には、イントロからサビまでを通して「残酷な天使のテーゼ」に乗りながらフィットネスができるようになるわけだ。