「フリーズドライ」といえば、すぐに思い浮かぶのは卵スープやみそ汁、カップラーメンの具といったところ。だが最近ではカツ丼の具や1人用の鍋までが発売され、人気を集めているという。

 それらを作ったのは、1982年に世界初のブロックタイプのフリーズドライみそ汁を開発し、同カテゴリーでシェアトップを占める天野実業(以下、アマノフーズ)だ。同社はフリーズドライの「一人鍋」を2014年2月、「チキンカツの玉子とじ」を2015年10月に同社通販サイトから数量限定で発売。どちらも発売直後から飛ぶように売れたという。一時的に完売状態となったものの、要望が殺到したため、2016年1月25日より数量限定で再度販売を開始することになったとのこと。

 たしかにカップラーメンの具などで、フリーズドライ食品の質が向上しているのは薄々感じていた。しかしいくらなんでも、鍋物や揚げ物の味や食感がリアルに再現できるものだろうか。半信半疑で商品を取り寄せ、試してみた。

「チキンカツの玉子とじ(2食入り)」(税込み1000円)。こんがりと揚げた国産鶏のカツに、和風だしがしみた卵、トロトロに煮込んだ玉ねぎ入り
[画像のクリックで拡大表示]
「フリーズドライ一人鍋 豚しゃぶ(2食入り)」(税込み1880 円)。しょうゆベースのつゆで、豚ロース、白菜、しめじなど6種類の国産具材入り
[画像のクリックで拡大表示]