六本木ヒルズカフェ/スペースで開催されたイベントカフェ「Macan Valentine Cafe」の会場に展示されたポルシェのSUV「マカン GTS」
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年1月、ポルシェ ジャパンは新しいSUV販売戦略を展開した。2018年1月27日と28日という2日間限定ではあるが、六本木ヒルズカフェ/スペースで「Macan Valentine Cafe」を開催、ポルシェのブランドエントリーとなるSUV「マカン」をPRした。

「ポルシェ ドライビング アスリート」に任命されたカヌー選手の羽根田卓也氏も「Macan Valentine Cafe」に登場
[画像のクリックで拡大表示]

頑張れば手に届くポルシェ

 2014年後半に日本市場に投入されたマカンを今、改めてPRしたのにはワケがある。

 マカンは日本で2015年に販売台数を拡大して以降3年間、同社の販売をけん引してきた存在だ。ここまで支持を得たのは600万円台からという“頑張れば手に届く価格”と、ファミリーカーとしても使える実用性の高さがあることが大きい。

ポルシェの販売台数の拡大、実は「マカン」がけん引してきた
[画像のクリックで拡大表示]