インターネットを中心に“第4のチョコ”が話題になっている。スイスでチョコレートの製造、販売を行うバリー・カレボーが2017年9月に発表した「ルビーチョコレート」がそれだ。ネスレ日本は2018年1月19日にルビーチョコレートをウエハースの上にコーティングした「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー(以下、サブリム ルビー)」を発売し、注目を浴びている。ネスレ日本がバリー・カレボーとルビーチョコレートの6カ月間の独占販売契約を締結し、バレンタインデーに向けて世界で初めて商品化したものだという。

「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」(400円)。日本と韓国で展開する「キットカット」の専門店「キットカット ショコラトリー」などで、2017年1月19日から25日まで、5000本の期間・数量限定で販売
[画像のクリックで拡大表示]
2月1日に発売した「キットカット ショコラトリー サブリム バレンタインアソート」(5本入り1800円、7本入り2400円)。ルビー、ミルク、ビター、ホワイトなどが入った限定のバレンタインギフト。「キットカット ショコラトリー」の店舗と国内約80カ所のポップアップ型ストア、オンラインショップで販売中
[画像のクリックで拡大表示]

 チョコレートは大まかにいうとブラック(ビター)、ミルク、ホワイトという3種類に分類されるが、1930年代に米国のネスレがホワイトチョコレートを発表して以来、「(ルビーチョコレートは)80年ぶりとなる新カテゴリーのチョコレートの登場」(ネスレ日本担当者)だという。原料となるルビーカカオは天然のピンク色とベリーのような爽やかな酸味を持つカカオ豆で、見た目は確かにこれまでのブラック、ミルク、ホワイトとは大きく異なる。

ルビーチョコレートは南米エクアドルやブラジル、西アフリカのコートジボワールなどで栽培された「ルビーカカオ」と呼ばれている豆から作られているという
[画像のクリックで拡大表示]

 実は以前から“第4のチョコレート”と呼ばれるチョコレートがもう1つある。フランスでチョコレートの製造、販売を行うヴァローナが開発した「ブロンドチョコレート」だ。ミルクチョコレートとホワイトチョコレートの中間のようなブロンド(金)色で、ビスケットやキャラメルの香ばしい風味を感じさせるチョコレート。日本では2013年から発売されている。2017年ごろから菓子やアイスクリームにもブロンドチョコレートの名を冠した商品が登場し始め、じわじわと種類が増えている。