記事へ戻る(ページを閉じる)

年末に一念発起して大掃除に励み、完璧にしまい込んだはずでも、整った状態は長続きしない。それより「ずぼら派」も「几帳面派」も、性格に合ったストレスのないルールを構築することが「疲れない」片づけにつながる。収納環境プランナーのすはらひろこ氏は、「ずぼら派が収納場所を細かく分類しようとすると失敗する。ざっくりと投げ入れるだけでいい仕組みを導入するべき」と指摘する。

関連画像