[画像のクリックで拡大表示]

 「手みやげの激戦区」といわれる東京駅と羽田空港。2017年の秋以降も続々と新機軸スイーツが誕生している。新商品を中心に「誇れる逸品」をピックアップし、注目商品をスイーツコーディネーターの下井美奈子氏とチェックした。

 まず注目すべきは、既成概念を覆した「老舗の挑戦」だ。筆頭は、芋ようかんの老舗・舟和が大丸東京店で限定販売している「芋(Kinka×Caramel)」。芋を使った薄焼き煎餅に、芋風味のキャラメルを挟んだ意外性抜群の逸品だ。見た目がユニークなうえ、「想像以上に芋の風味が感じられる」(下井氏)と味も出色の出来だった。

 約390年の歴史を誇る和菓子の老舗・千鳥屋総本家が羽田空港で18年1月9日まで期間限定でオープンしている、新コンセプトブランド「光悦」も見逃せない。光悦饅頭の「黒炭木苺」は、あんに木イチゴを使い、一般的なまんじゅうを想定して食べるとそのギャップに驚くこと請け合いだ。ビジネスの手みやげにも最適だろう。

芋(Kinka×Caramel):煎餅とキャラメルを多層に

 東京駅/舟和/8個入り1080円(税込み)

煎餅を4層に重ねた構造。挟み込まれたキャラメルは、刻みアーモンドの風味が生きている
[画像のクリックで拡大表示]

 芋ようかんが有名な老舗和菓子店である舟和が作った新感覚の洋風和菓子。芋ようかんを使った薄焼き煎餅に、芋風味のキャラメルを挟み込んでいるのが斬新だ。薄焼き煎餅は香ばしく、サクサクとした歯触りが特徴。大丸東京店でのみ購入できる。「キャラメルからは、想像以上に芋の味わいがしっかりと感じられた。サクサク食感も楽しめる新感覚の逸品」(下井氏)

光悦饅頭 ねる/neru:赤いあんを黒い皮で包む斬新まんじゅう

 羽田空港/光悦/12個入り1944円(税込み)

「いちじく」(左)と「黒炭木苺」(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 和菓子の老舗・千鳥屋総本家の新コンセプトブランド「光悦」が羽田空港で限定オープン。いちじくをあんに混ぜ込んだ「いちじく」の他、竹炭を練り込んだ真っ黒な皮で木イチゴあんを包んだ「黒炭木苺」といった斬新なまんじゅうは手みやげに打って付けだ。「黒炭木苺は、木イチゴの甘酸っぱさがアクセントに。どちらのまんじゅうも、しっとりとしていて舌触りが良い」(下井氏)

ベイカーズカスタード:2つの食感の妙を楽しめる一口焼き菓子

 羽田空港/BAKER'S CUSTARD/8個入り1296円(税込み)

プレーンとショコラの2つの味をそろえる。食べるとラムの風味がほのかに広がる
[画像のクリックで拡大表示]

 しっとりとしたカスタードをほろほろ食感のクッキーで包んだ新発売のスイーツ。キューブ形で食べやすく、手みやげに向く。少し温めるとより濃厚な風味に。羽田空港第2旅客ターミナルマーケットプレイス3階で18年1月9日まで限定販売中。「ソフトクッキーの中に軟らかなカスタードが隠れており、食べるとその食感に驚かされる」(下井氏)

おかき:ダシが主役の本格おかき

 東京駅/茅乃舎/12枚入り1296円(税込み)

[画像のクリックで拡大表示]

 ダシと調味料の専門店・茅乃舎が、米菓を手がける赤坂柿山と作ったおかき。セットには、ダシが効いた慶長薄焼きだしおかきと、かきもちが入る。東京駅店(グランスタ丸の内)など一部店舗で販売中。「ダシのうまみがおかきの味を引き立てる。専門店ならではの、自然なうまみを感じるおいしさ」(下井氏)