ハンバーガーなどのファストフード店の店舗数が減少を続けるなか、立ち食いを含む「そば・うどん店」は増加しているという(日本フードサービス協会調べ)。チェーンそば店の御三家といえば「名代 富士そば」「小諸そば」「ゆで太郎」だが、ここ数年、じわじわと存在感を増している新勢力がある。「いわもとQ」と「蕎麦 冷麦 嵯峨谷」(以下、嵯峨谷)だ。

 いわもとQは2005年9月、新宿歌舞伎町に1号店を出店。2012年以降は池袋店、高田馬場店、神保町店と、1年に約1店舗の割合で、着実に店舗数を増やしている。嵯峨谷は2011年に1号店をオープンし、現在は都内に7店舗(浜松町・池袋・神保町・渋谷・歌舞伎町(新宿)・小滝通り(新宿)・水道橋)を展開中だ。ドン・キホーテの隣にある渋谷店は、わずか12坪で月平均・約1000万円を売り上げている超繁盛店だという。

 いわもとQはもりそばが税込み330円、嵯峨谷は税込み290円。両店とも、かき揚げそばを頼んでもワンコインでお釣りがくる立ち食いそば価格でありながら、専門店並みのうまさと評判だ。なぜこの価格でそれが可能なのか。

2014年2月、神保町交差点近くにオープンした「いわもとQ 神保町店」は24時間営業。6席しかないが、立ち食いカウンターもある
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
(左)ドン・キホーテ隣にある「蕎麦 冷麦 嵯峨谷 渋谷店」は正月を除き無休、24時間営業。(右)「神保町店」はカウンター21席、テーブル18席とゆったりした店内。営業時間は月-金7~23時、土7~21時、日祝11~21 時