ここ最近、街中でとあるブランドのダウンジャケットを着ている人をよく見かけるようになった。そのブランドとは「カナダグース」。名前の通り、カナダ・トロント発祥のブランドだ。さまざまな色や形があるが、胸元や腕についた大きなワッペンが特徴的なので、ブランド自体を知らなくても見覚えがある人は多いだろう。

カナダグースのブランドロゴ。同ブランドのダウンにはこのロゴをかたどったワッペンが付いているのが特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 カナダグースは1957年にトロントで創業。全ての製品をカナダ国内で製造しているのが特徴だ。「温度体感指数」という5段階の耐寒基準を設定しており、5度~マイナス5度までに対応するウエアから、マイナス30度以下などの極寒地でも着用できるウエアまでをそろえる。価格は10万円前後と決して安くはない。だが、2017年11月、東京・千駄ヶ谷にオープンした日本初の直営店には、オープン初日に150人以上の行列ができたという。なぜ、高額なダウンがここまで人気を集めたのだろうか。