[画像のクリックで拡大表示]

 手帳のメモスペースが少ない。手帳とノートの2冊を持ち歩くのは面倒。そんな不満を解消するために、スケジュールとノートを合体させた、「ノート進化型」の手帳も2018年のトレンドだ。

24時間対応の大判ダイアリー

A4ダイアリーノート フリーフィールド ウィークリー
ユナイテッドビーズ
実勢価格600円(税別)
A4サイズ、週間バーチカル

週間バーチカルの下にB6サイズの方眼がある。(1)月間カレンダーの週に囲みが施されているので、今、第何週目かがすぐわかる、(2)バーチカルは1時間刻み(3)方眼メモにライフログも記録できる
[画像のクリックで拡大表示]

 「A4ダイアリーノート フリーフィールド ウィークリー」(ユナイテッドビーズ)は、薄型で大判タイプのノートダイアリー。スケジュール部分と別になったノートページはないが、見開き2週間の週間バーチカルの下部にB6サイズほどの方眼メモを備える。

 タイムテーブルは朝6時から翌朝6時までの24時間に対応し、12時と24時は色分けされている。方眼スペースにはメモや日記、To Doリストが書き込めるなど、自由度は高い。大判タイプで幅は取るが、薄型で軽量なので持ち運びも苦にならない。

紙質にこだわった月間ダイアリー

MDノート ダイアリー<A5>
デザインフィル ミドリ
実勢価格1100円(税別)
A5サイズ、月間ブロック

余裕があるマンスリー、メモをたっぷり書ける。(1)月間ブロックを囲むようにして余白がある、(2)月間ブロックの升目は約2.5cm四方、(3)右側の余白が最も広く使い勝手がいい
[画像のクリックで拡大表示]

 書き心地にこだわって開発されたデザインフィル ミドリオリジナルの「MDノート」。この用紙をベースにしたノート型手帳が「MDノートダイアリー」(デザインフィル ミドリ)だ。月間ブロックの左右、下部に余白部分が広がる。余白部分にはケイ線も方眼もなく、月間ブロック内に記入しきれない情報を自由に書き込める。その他、上下に8分割された横ケイのメモが113ページも付く。ダイアリーの自由度と大容量ノートを両立させている。