ダイハツ「ハイゼット トラック ジャンボ」が米西海岸スタイルに

ダイハツ「ハイゼット トラック ジャンボ アクティブバージョン」
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイハツの軽トラ「ハイゼット トラック」には、通常より広いキャビンとリクライニングシートを採用した「ジャンボ」というバリエーションが存在する。この「ハイゼット トラック ジャンボ アクティブバージョン」は、そのジャンボをベースにカスタムしたもの。ボディーのプレスラインなどをならしてスタイリッシュにする、いわゆるスムージングが施されているほか、トノカバー(荷台の蓋)やクロムメッキされたホイールキャップなど、米西海岸風のカスタムスタイルに仕上げられている。サーフボードが似合いそうだ。参考出品車。

[画像のクリックで拡大表示]

4人乗り「ハイゼット デッキバン」は釣り具ブランドとコラボ

ダイハツ「ハイゼット デッキバン」をベースに釣具ブランド「TULALA(ツララ)」とコラボ
[画像のクリックで拡大表示]

 こちらは4人乗りのキャビンにオープンデッキを備える唯一の軽バン、ダイハツの「ハイゼット デッキバン」をベースにしたもの。日本の釣具ブランド「TULALA(ツララ)」とコラボレーションし、フィッシングポイントまでのアクセスを考えて最低地上高をアップするとともに、ルーフには釣り竿を収められるロッドケースが装備されている。釣りグッズをぬれたまま積み込めるのはオープンデッキの強みだ。参考出品車。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]