空気が乾燥し、花粉もそろそろ気になり始めたこの季節に注目されるのが、空気清浄機と加湿器が一体化した加湿空気清浄機だ。一台二役で場所をとらず、冬場は加湿機としても活躍する加湿空気清浄機はここ数年人気が高く、よく売れている。

 2017年は、ダイキンやシャープ、パナソニックが無線LANに対応した加湿空気清浄機を発表した。加湿機能がない空気清浄機ではダイソンやブルーエアがすでに無線LAN対応の製品を発売していたが、加湿空気清浄機では初ということで、大きな話題になった。無線LANの搭載で、スマートフォンなどとつながり、「空気が本当にきれいになっているのか」が見える化されるようになり、不安も解消されそようだ。

ダイキンとシャープが一歩リード

 ダイキンの新商品「MCK70U」は空気の状況を可視化することで空気の汚れサイクルが分かり、汚れているときにはスマートフォンなどのモバイル端末に知らせがくる。PM2.5(粒径2.5μmの微小粒子状物質)やホコリの多さ、臭いの強さを、6段階の数字と3段階の色で表示し、運転の状態や室内温度、湿度も合わせて確認できる。また、1日内での積算グラフと週間での積算グラフを切り換えることができ、ほかの部屋との比較や、日ごと週ごとで空気汚れの比較も可能。さらに、部屋の空気汚れを検知し、清浄終了や給水の案内をスマートフォンのホーム画面に知らせるのだ。

ダイキン「MCK70U」(実勢価格5万3000円前後)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、シャープの「KI-HP100」「KI-HS70」「KI-HS50」は、クラウドのAI(人工知能)でユーザーの使い方や好みを学習する自社サービス「COCORO AIR(ココロエアー)」に対応。例えば、空気清浄機には照度センサーが搭載されているが、このセンサーが照明オフを検知すると、エアコンも自動でおやすみ運転に切り替わったり、エアコンが暖房運転を開始すると空気清浄機が自動で加湿運転するなど、状況に応じて家電が自動的に連動する。ユーザーが手動で操作しなくても、常に快適な環境で過ごすことができる一歩進んだ空気清浄機だ。

 また、ココロエアーは、Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」にも対応していて、同社の無線LAN内蔵ルームエアコンとも連動している。つまり、Amazon Echoに話しかけるだけで、同社のエアコンや加湿空気清浄機を操作できるのだ。

写真左からシャープ「KI-HP100」(実勢価格12万8000円前後)、「KI-HS70」(実勢価格5万7000円前後)、「KI-HS50」(実勢価格5万円前後)。使っていくうちに学習する“AIoTクラウドサービス”「COCORO AIR(ココロエアー)」を搭載
[画像のクリックで拡大表示]
ココロエアーで外からリビングルームの状態を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの空気の「見える化」、そして「スマートホーム化」が2018年にはスタンダードになりそうだ。