「IT時代の今、漫画『サザエさん』に出てくる酒屋の三河屋のような“御用聞き”になりたい」。そう話すのは、スマホアプリを使用した、野菜を中心とする(生鮮食品宅配サービス「VEGERY(以下、ベジリー)」)を運営するベジオベジコ(宮崎県綾町)の平林聡一朗社長だ。

 生鮮食品宅配サービスといえば、2017年4月にアマゾンが生鮮品や日用品を短時間で自宅に届ける「Amazon フレッシュ」をスタート、7月にはシンガポール発の「honestbee」が上陸するなど、競争が激しくなってきている。そんな中、2017年1月にスタートし、商品の新鮮さと珍しさで注目され、インスタグラムなどで人気に火がついたのがベジリーだ。

生鮮食品デリバリーサービス「VEGERY」のアプリ画面
[画像のクリックで拡大表示]

 ベジオベジコは2011年に設立された、スムージー用の野菜・果物を宅配する専門会社。ベジリーはベジオベジコが直接契約した農家が生産する野菜を中心に、肉や調味料などをデリバリーするサービスだ。特に野菜は、国内でいち早く町全体で有機農業を導入した宮崎県綾町(あやちょう)をはじめとする、九州各地の農家で収穫されたものがメインだ。

 無料の専用アプリをダウンロードして注文者情報を一度登録すれば、商品と届く時間帯を選び、確認ボタンを押すという3ステップで簡単に注文できる。都内の特定エリアであれば、時間帯は1時間単位で選択でき(10~20時)、同社のスタッフが直接自宅まで野菜を届けてくれるのがウリ(そのほかの地域は翌日着で宅配業者が配達、離島などの場合は翌々日着)。商品の多くは定番野菜だが、関東圏ではなかなか見かけない珍しい野菜もあり、それがインスタで話題になっている。また、生産者のプロフィールをはじめ、その野菜の保存方法やおいしい食べ方などが閲覧できるのもほかの宅配サービスとは異なるポイントだろう。

商品は生産者のプロフィールや野菜の保存方法、食べごろ、おいしい食べ方なども閲覧できる
[画像のクリックで拡大表示]