寒い季節のキャンプやウインタースポーツは格別だ。ただ快適に楽しむためには、足元の防寒・防水対策が重要になる。気温の低いフィールドで過ごしていると、あっという間に足先や指先など末端が冷えて、アクティビティどころではなくなってくるからだ。

 アクティブに動き続けるためには、これからの時期はウインターブーツは用意しておきたい。通常のブーツよりも防寒に特化した機能や、工夫が多く盛り込まれたアウトドアブランドのブーツは、1足持っておくとかなり重宝する。アウトドア以外でも旅行や積雪時の移動など、使える場面は多いのだ。

 今回はウインターブーツのなかから、アウトドアでも街中でも使えるモデルを紹介する。

シーン問わずに使える、引く手あまたの万能モデル

ソレル「シャイアンレースフルグレイン」

ソレル「シャイアンレースフルグレイン」(税込み1万8360円) 
[画像のクリックで拡大表示]

 1962年にカナダで誕生したソレルはウインターブーツを手がけるブランドだ。世界に先駆けてレザーアッパーにラバーボトム、着脱可能なフェルトライニングというコンビネーションのウインターブーツを発売。この構造は誕生から50年以上がたつ今も、ウインターブーツのスタンダードとして広く世界で受け継がれており、本格的なアウトドアのスノーブーツ以外にも、街中で見かけるブーツにも取り入れられている。

 同ブランドのなかでも定番として人気のモデルといえば「シャイアンレースフルグレイン」。トラディショナルなアウトドアブーツの雰囲気を保ちつつ、防水加工を施したなめらかな高級フルグレインレザーをぜいたくに使ったショートブーツだ。一体型のラバーシェルとアウトソールを組み合わせることで、モダンな佇まいを醸し出している。インナーには、中綿素材を採用し、保湿性も抜群だ。

ソール部分は、雨天時のスリップにも強い波形状のウォータープルーフを使用。細部まで徹底したこだわりを感じる
[画像のクリックで拡大表示]
幅広いシーンで活躍する機能とデザインを兼ね備えていながら、秋冬のアウトドアシーンはもちろんのこと、街でもコーディネート次第でオールラウンドに使える一足だ
[画像のクリックで拡大表示]