[画像のクリックで拡大表示]

 ルノー・ジャポンとペットビジネス大手のイオンペット(千葉県市川市)は、ペット用のドクターカー「ルノー カングー ドクターカー」を、2016年12月にイオンモール幕張新都心で初披露した。

イオンペットの小玉毅社長(左)とルノー・ジャポンの大極司社長
[画像のクリックで拡大表示]
イオン動物医療センター幕張新都心 センター長 永井貴志氏。車内では狭くて行いづらい診察やトリミングなどの作業を、タープを付けることでスペースを広げて行うという
[画像のクリックで拡大表示]

 ルノー カングー ドクターカーは、ルノー・ジャポンが提供した多目的車(MPV)「カングー」をベースに、イオンペットが中心となって開発。外装はドクターカーとひと目で分かるラッピング加工を施し、大型のルーフラックを装着している。ボディーカラーがイオンペットの展開する総合ペットショップ「pecos(ペコス)」のイメージカラーに合わせて黄色となっており、なかなか愛らしい印象のため、一見おしゃれなラッピングカーのようにも見える。しかし内部にはドクターカーとして診療に必要なさまざまな機材を搭載している。

 具体的には超音波診断装置、医療用酸素ボンベ、診察記録にアクセスできるパソコン、切開・接合が行える手術器具などの医療機器を中心に、電源や水道の確保が難しい場所での使用を考慮した大型バッテリーと発電機、各100Lの給・排水タンクも備える。ペットを移動させる際のケージも搭載しており、車内に固定できるようになっている。また備え付けの救急ボックスは取り外して運べるサイズなので、車外での治療作業にも使える。なお開発はカングーをベースに、

備え付けの救急ボックスは取り外して運べるようになっている
[画像のクリックで拡大表示]
移動用のケージは車内に固定できる
[画像のクリックで拡大表示]

 このドクターカーはイオンモール幕張新都心のイオンペット店舗「pecos」に併設されている24時間対応の動物病院に配備され、2017年1月より試験使用を開始。通常は往診などに使われる予定だ。さらに、災害発生時、被災地に獣医や動物看護士と共に駆けつけ、ペットの救命救急活動やケアに利用する目的があるという。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]