α7R III体験会での1枚。ビビッドながらリアルな発色と、輪郭部にいやな強調の見られない自然な解像感を両立している。先代のα7R IIよりも、撮って出し時の発色がより深みを増した印象だ(FE 85mm F1.4 GM使用、85mm相当、ISO400、1/200秒、F5.6)

記事へ戻る(ページを閉じる)