【吉村カメラマン:第3位】富士フイルム「GFX 50S」

 独自構造のAPS-C型撮像素子「X-Trans CMOS IIIセンサー」を採用し、画質の高さが評判のミラーレス一眼「Xシリーズ」を展開するのが富士フイルムだ。同社が2017年2月に発売してプロやハイアマチュアを驚かせたのが、さらなる高画質を追求した5140万画素の中判ミラーレス一眼「GFX 50S」だ。

富士フイルムが2月に発売した中判ミラーレス一眼「FUJIFILM GFX 50S」。実売価格は75万円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 中判とはいっても、センサーのサイズは44×33mmと、36×24mmである35mmフルサイズに比べて面積比では約1.7倍でしかない。撮影した画質は確かに精細感がすごい!とうならせるものはあるが、開放F値がF4のレンズだとボケの大きさや立体感はフルサイズ機に比べて大きな違いを感じにくいというのも事実だ。

 だが、これまでの中判デジタルカメラが一眼レフの構造だったのに比べ、ミラーレスであるGFX 50Sはシステム全体がかなり軽量で扱いやすくなった。マクロレンズには手ぶれ補正機構が搭載されているし、誰でも手にしたその日から扱える点は好印象だ。

 じっくり風景に向かい合っての撮影だけでなく、屋外での人物撮影のような機動性を求められる撮影でも最高の画質を得られるカメラとして「いつかはGFX!」と思える憧れのカメラといえる。

晴れた日の庭で人物撮影。中判というと、カメラを三脚に据えてじっくり撮影するというイメージがあるが、GFX 50Sならば手持ちで気軽に撮影できる。高い解像力とナチュラルな色再現が魅力的だ(GF120mmF4 R LM OIS WR Macro使用、95mm相当、ISO100、1/250秒、F4.0)
[画像のクリックで拡大表示]
吉村 永(よしむら・えい)
氏名 カメラマン、ビデオグラファー。小学5年生から写真部、高校で自主制作映画製作に目覚めてテレビ制作会社、カメラ雑誌の編集を経てフリーに。現在、芸能誌、新聞などでの人物写真撮影、音楽PVなどのビデオ撮影をするかたわら、新型カメラ製品の評価や記事執筆、撮影技術解説などをカメラ誌、一般誌問わずに行っている。2017カメラグランプリ選考委員。