格安で購入できる低価格Androidタブレットは、7型や8型だけではない。それらより画面が大きい10型タブレットも、2万〜3万円台から購入できる。

 10型低価格タブレットは高性能な製品が多い。大画面だけでなく、性能を求める人にもぜひおすすめしたい。また直接のライバルとなるアップルの「iPad Air 2(16GB)」(5万8100円)や「iPad Air(16GB)」(4万3800円)と比べると1万〜2万円程度は安い。

 2万〜3万円台で購入できる低価格帯のタブレットは数多くある。その中からネットの口コミ評価などを基に、レノボジャパンの「YOGA Tab 3 10(Wi-Fiモデル)」(2万6800円)、エイスースの「ZenPad 10 (Z300CL)」(2万9800円)、NECの「LAVIE Tab E(PC-TE510BAL)」(3万1800円)、デルの「Venue 10 5000シリーズ」(3万9980円)の4台を選出。製品を比較評価しながら、どれが使いやすいのかを探った。

レノボジャパンのYOGA Tab 3 10(Wi-Fiモデル)は、独特なスタンドやカメラ、大容量バッテリーなどが個性的
[画像のクリックで拡大表示]
YOGA Tab 3 10の背面はラバーコーティングされており、滑りにくく手触りがよい。microSDスロットはスタンドの裏に備える
[画像のクリックで拡大表示]
エイスースのZenPad 10 (Z300CL)は低価格帯のタブレットながら、LTE通信に対応するのが魅力
[画像のクリックで拡大表示]
ZenPad 10の背面は樹脂製。滑り止め加工がされており、指が滑りにくい
[画像のクリックで拡大表示]
NECのLAVIE Tab E(PC-TE510BAL)は、高解像度液晶と大型スピーカーが特徴
[画像のクリックで拡大表示]
背面は紺色。背面カメラは中央に配置されており、両手で持ったときに邪魔にならない
[画像のクリックで拡大表示]
デルのVenue 10 5000シリーズは、性能と外部端子などが魅力
[画像のクリックで拡大表示]
背面は濃いグレーで大人びた印象を感じる。背面にはNFCなどを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]